エイジングケアは心の持ちようも大事

実年齢よりも見た目年齢を重視し、若返ろうとするエイジングケアが今非常にブームになっています。ある雑誌の企画で実年齢よりも10歳も20歳も若く見える美魔女、美魔王の登場により、こうしたケアが一層注目されるようになりました。

 

エイジングケアで一番目に大事な事は、今までの肌のお手入れ方法を見直すことです。肌の乾燥が促進されたり、紫外線を照射することでシワやたるみ、シミなどが促進されるので、それらに対応したケアに切り替えることが大事です。

 

洗顔料も汚れが強力に取れるものよりも、程よく皮脂を残し保水力を残した状態に洗い上げることのできる肌に優しい自然派の洗顔料で洗うことが大事です。言うまでもなく洗顔後の保湿は怠ってはいけません。乳液や美容液を付けたあとサランラップで数分パックするだけでも肌の保水力を長時間維持することができます。

 

肌に充分な水分があればしわやたるみをある程度予防することが可能なのです。また若いときのように無防備な状態で紫外線の下を歩いてはいけません。曇天の時でも紫外線が照射しているのでUV下地を塗ったり、日傘や帽子、サングラスの着用を怠らないことです。

 

こうした日々のケアを工夫したり、ひと手間かけて生活するだけでも、老化を有る程度食い止めることが可能です。なおかつ常に自分は若く居たい、若くなりたいという心を持ち続けることも大事です。若く居たいと心に決めれば、様々な事に好奇心を抱き、幅広く活動する生活を送るようになります。

 

すると表情から活き活きし、漲るパワーが顔にあらわれ、非常に若々しく見られるようになってきます。また不倫や浮気をしなくても、素敵な男性と会話したり、意識したりして常に恋心を抱いていると、女性ホルモンのエストロゲンが多く湧き出るようになり、非常に若々しく女性らしさがにじみ出てくるようになるのです。こうした心がけだけでも、充分エイジングケアになって行くものなのです。